フランクス(15)『焼きリンゴのシブースト』『パイランタン』『くりぼうず』(マロンパイ)

東大阪市、近鉄奈良線・河内小阪駅から南西に2分ほどのところにある「パティスリー フランクス」さん。なんと今年創業40周年。
地域に愛されつづけているのはオーナーシェフ東野卓仁(たかみ)さんがつねに前進を繰り返しているから。いつも、昨日よりは今日良くなっていよう、という誠心が息づいているのです。看板商品の『サンドイッチ』に代表されるように、美味しさの核心部分をしっかり保ちつづけ、材料の見直しによるグレードアップを図り、枝葉の部分では時代の指向も柔軟に取り入れてリフレッシュ。地域一番の繁昌店の躍動感にワクワクさせられるお店です。
今回、第19回「3.14=π(パイ)の日R」キャンペーンのためにご用意いただいた3種のパイも定番商品あり、ロングセラーのリフレッシュあり、遊び心溢れる新作ありと、お店の姿勢がそのまま現れているような品揃えとなりました。


●『焼きリンゴのシブースト』  8×4cm 高さ5cmほど。
franks_chiboust2020.jpg
こちらのシブースト、お店の顔ともいうべきケーキですね。
たしか15年ほど前に『本日のタルト』として出会って以来、その後人気商品としてつねに作られてきています。
このほど、もう少し焼き林檎感を高めたいと、林檎を増量し、卵をエッグロワイヤルというブランドのものに変更。
底生地とサイドにパイ、そこへたっぷりのアパレイユ(カスタードがメイン)。大きめに切られた林檎がごろり。フワフワのメレンゲをたっぷり含んだシブーストクリームにこれまた林檎がたっぷり。トップは分厚くカラメリゼ。

franks_chiboust2020up.jpgカラメルをコンコンッパリンと割って一口…… なにやら洋酒の香り。いきなり甘やかな気分に。
シブーストクリームの軽やかさの次に、卵の豊かなコクが追いかけてきて、同時にシャキシャキ感を残した林檎が甘く、ほんのり酸っぱく風味豊かに迫って来るのです。パイ生地は、クリームなどの豊かな味わいをしっかり受け止める役割。
時折、トップのカラメリゼがほろ苦&ジャリとした食感で、リズムを刻みます。

いいですねぇ、濃厚さに十二分に満足しつつ、もたれないギリギリのバランス。リニューアルは吉と出ましたよ。


●『パイランタン』  10.2×3cm 高さ2.5cm 35gほど。
franks_pierentin.jpg
なに、パイランタンって? 耳馴染みはあるけれど、一体なにっ?
ポピュラーな焼菓子フロランタンのクッキー生地をパイに置き換えたから、その名も『パイランタン』。
あはは~っ、遊んでくれています、発想が軽やか。パイも自由に浮かせていて軽いですよ。

フロランタンだと平らなクッキー生地の上にアーモンドスライスのカラメル和えを載せて焼いた後で切り分けられるのですが、軽く浮かせたパイでは切り分ける時に崩れてしまいます。そこで切り離した状態で焼くことにし、アーモンドのカラメル和えはダイスにして載せています。それでもフロランタン種が溢れないように載せるのがけっこうなお手間入り。
だけど、その甲斐がありましたね。パイの香ばしさと軽さで一味違うフロランタンに。アーモンドのカラメル和えのそそる度高い濃厚な味わいに、ふわっと芳ばしいパイ。うん、まさに『パイランタン』! 

その美味しさと姿と菓名に、これって、昔からある定番のような気もしてきます。
パティシエの矢野大輔シェフの発案ですが、東野さんもお気に入り。早くも先行して焼菓子セットの中に組み込まれる事が決定しました。お見事!


●『くりぼうず』  径6cm 高さ5cm 60gほど。
franks_kiriboy2019.jpg
定番商品。所謂、マロンパイです。パイ生地にクレームダマンドを敷いて渋皮煮の栗を1個包み込んで焼いています。
まーるい、球体のかたち。つるつるつやつやしていて、いかにも栗坊主。

それにしても、ピンと張りつめた球体に焼くのはかなりの技。断面を見ても隙間がありません。蒸気で膨れ上がる事も、生地の厚みの差や、引っ張り方のストレスの差で歪になる事もありません。型に嵌めて焼いているにしても、きれいな仕上がりです。

franks_kiriboy2020cut.jpg
見た目の良さだけでなく、パイのザックリとした食感と、ダマンドの豊満な味わいの深さ。もちろん栗も美味しいのですが、脇役がしっかりしているので美味しさ倍増。定番になるのも当然です。
なお、この可愛い栗ぼうずちゃん、数量限定ですのでご注意くださいね。


キャンペーンを通じて様々な表情のパイと出会えるのは嬉しい限り。1店舗でこれほど、違う顔のパイを用意してくれているのは流石です。お値段もとても(!)良心的で頑張ってくれています。ぜひ、食べ比べてみてくださいね。

●『焼きリンゴのシブースト』450円  『パイランタン』200円  『くりぼうず』280円  (※外税)
●「パティスリー フランクス」
 東大阪市小阪本町1-1-18  TEL06-6724-6462  定休日/月曜  営業時間/7:30~20:00(平日) 7:30~19:00(日祝)
※ブログ「パイ日和おまけ」では、こちらのお店の『バウムクーヘン』をご紹介しています。