初登場! タルトとキッシュのお店 shoeido(1)『キッシュ5点』『タルト5点』

神戸市垂水区、山陽電鉄・垂水駅から北東に1.5kmほどのところにある「タルトとキッシュのお店 shoeido 」さん。大正15年創業の「昭栄堂製菓」(焼き菓子類の製造卸)が、2016年10月にオープンしたお店。タルトに使われるクッキー生地やキッシュに使われているブリゼなどはお手の物ですね。
ウッディなインテリアを基調にした、親しみやすくお洒落な店内には、キッシュ7種・タルト13種、ちょっと目移りするほどの品揃え。ずばり、店名には“タルトとキッシュのお店”とうたっています。


●『キッシュ5点』  径6.8cm 高さ2.2cm 35~40gほど。
◆『ホーレン草とベーコン』
◆『トマトとベーコンのジェノヴェーゼ』
◆『3種のお豆のチリコンカン』
◆『ゴルゴンゾーラ』
◆『アスパラとソーセージ』
shoeido_quiche5.jpg
まずはパッケージから。写真ではよく分かりませんが、キッシュもタルトも一回り小さな穴にスッポリ収まるようになっているのです。
この専用ケース便利ですね。キッシュもタルトも同じサイズにすることで、薄型のスタイリッシュで持ち運びしやすい優れた箱が開発されています。型くずれの心配もなくてストレスフリー。それに手土産の場合、そのままテーブルで蓋を開けても、きれいに並んでいて様になっています。

さて、キッシュそのもののお話を。
一口サイズといっていいような小さなキッシュ。この限られたサイズゆえに、フィリングを複雑に構成できないため、かえって具材の主張が明確なのがなによりの取り柄です。誰しも何種類もまとめ買いするでしょうから、味の差が明確に伝わらないとがっかりしてしまうでしょう。その点、5種類食べて、少しも飽きずに味わいの変化を楽しめました。
生地はブリゼだそうですが、フォンセに近いタイプで比較的しっかりしています。アパレイユもさすがに7種作り分けではなく、すべてに適用しているようです。ベースが同じだからこそ、違いが分かりやすいとも言えるでしょう。全体に塩気やチーズは控えめで食べやすい味付けに。

『ホーレン草とベーコン』がごくごく標準的な味わいなので手始めにいいでしょう。とくに印象に残ったのは『ジェノヴェーゼ』、『アスパラ』の青い香り2種。残る2つも遜色は無いのだけど、『3種のお豆(ひよこ豆、赤いんげん、レンズ豆)』が味わい分けられないのと、『ゴルゴンゾーラ』は生で食べる方がいいかなと思う部分があったりしましたが、とはいえ、どれもいいですね。


●『タルト5点』  径6.8cm 高さ3~3.5cm 40~60gほど。
◆『カスタードプリンタルト』
shoeido_printarte.jpg
一番人気だそうです。別にプリンそのものも販売しているので自信作なのでしょう。
サクサクと歯切れ良くシュクレが崩れると同時に、ヴァニラの香りを湛えた焼かれたプリンが口一杯に広がります。優しく静かだけど満足感のある甘さ。人気も頷けますね。

◆『フロランタンタルト』
shoeido_florentin.jpg
ダマンドの上にカラメル和えしたアーモンドスライスを載せて焼いています。アマンディーヌの変形版と捉えることも出来そうですね。
フロランタンそのものと比べるとヴォリュームに欠けるので強烈さはありませんが、優しく安定した味わい。香ばしさもいいですね。

◆『洋梨とカシスのタルト』
shoeido_yonashitarte.jpg
ダマンドの上にカシスのコンポートと洋梨。カシスのコンポートが酸味がそれほどなく、全体に温和にまとまっています。洋梨の水分がタルトを食べるのに最適な食べやすさを作り出しています。

◆『栗のモンブランタルト』(冷蔵)
shoeido_montblanc.jpg
ダマンドに和栗の渋皮煮を1個埋めて、上からラム酒の利いたマロンクリームを絞っています。この大きさにしては豪勢な作り。
タルトのモンブランは比較的ぼんやりしがちなのですが、これは栗の比率が高いのか、栗が力強く主張していて、いいですねえ。シュクレショコラを使っているのも味を深めています。

◆『ショコラタルト』(冷蔵)
shoeido_chocotarte.jpg
見えない部分にベイクドのチョコがあり、その上にガナッシュを流してます。クーヴェルチュールはどこのメーカーのものか明かしてもらえませんでしたが、甘さ控えめとの由。でも私たちの感覚から言うとスウィートチョコの範囲。
香りがよく立っていてチョコ感を満喫できるし、なめらかな食感といい、よく出来ています。


shoeido_chirashi2.jpg
三宮から西へ遠ざかるにしたがって保守的な好みになると言われているなかで、キッシュとタルトの専門店が間もなく丸3年を迎えるというのは嬉しいことです。小さい可愛さも評価できるし、単価が安くなり、失敗の怖さがないのもこの地に定着させられた要因かも知れません。
月ごとの手描きイラストの商品カタログも愛らしく、商品への、お客様への愛情が伝わってきます。そうそう、よく考えられた専用箱だし、冷蔵のタルトには2時間まで保冷剤を付けてくれます。その保冷剤を入れる紙袋も防水で、なにかと細かな気遣いを感じます。しっかりマーケティングもできていて、キッシュ&タルトへの愛情を押し付けるのではない感じがなんといっても魅力でしょう。

●『キッシュ5点』@230円(5個以上で@200円)  
『カスタードプリン』180円 『フロランタン』220円 『洋梨とカシス』220円 『栗のモンブラン』260円 『ショコラ』200円 (※外税)
●「タルトとキッシュのお店 shoeido 」
  神戸市垂水区福田2丁目4-4  TEL078-708-2626  定休日/月曜・火曜・水曜  営業時間/11:00~18:00

※2019年7月以降、BIGLOBEの強制リニューアルにより、アクセスカウンターの廃絶、その他もろもろが大幅変更となりました。ご容赦下さいませ。