エミル(7) 『鳴門金時のエッケ』『ムシェル』(スフォリアテッレ)

神戸市灘区、阪急神戸線・六甲駅から南東に5分ほどのところにある「ツッカーベッカー エミル」さん。ベテラン奥村豊さんが丹誠込めて焼くパイやタルトをはじめ、香りの良さ、食感の良さなど満足感の高さで着実に支持を広げつづけているお店です。
第18回「3.14=π(パイ)の日 R 」キャンペーンの対象商品はいつも通り、『ダッチクランツ』
ドイツ菓子専門店でもあまり見掛けない、稀少なパイ。こちらもこの時期だけの限定で、一人で作っておられるので数も少なめ。ぜひお試しのほどを。だって、とっても美味しいんですよ。この機会を逃さないでね。
さて今回は、まだ紹介していなかった『鳴門金時のエッケ』のご紹介と参りましょう。


●『鳴門金時のエッケ』  5×7.5cm 高さ5cm 100gほど。
画像
大好物の焼きっぱなしのタルト、エッケ。こちらの名物です。

香りの高いシュクレ生地に豊満なダマンド。いつも通りの安定した満足感の高いベースが築かれています。
そこへホクホクの鳴門金時の甘煮。蜜の味がします。
アプリコットのナパージュを薄く掛けたところに香ばしい白胡麻をパラリ。周囲にはプレーンのシュトロイゼル。

ほほほ~っ、このサツマイモが美味しいんだなぁ。
胡麻を振ったところなど大学芋風なんだけど、アプリコットの酸味でかなりスマートな印象に。胡麻とアプリコットが合うなんて想像しなかった。うんうん、いいものですねぇ。

とっても美味しいのは、しっかり焼き込まれていてすべての素材が香り高く息づいているから。
苦みに傾くことなくこれだけ香りを抽き出すピンポイントで焼き上げるのはさすが、お見事です!



●『ムシェル』  7.3×7.5cm 高さ2.6cm 50gほど。
画像
美しいパイの層に惚れ惚れ。

もう何度もご紹介していますが、ショーケースで姿を見ると買わずにはいられません。

そう、あえて“激しい”と言いたくなるほどのバリッ感が姿から目に響いて来るほどなのです。まるで本物の貝(Muschel 独語)を噛んだかのような、あっはは~。

衝撃的な生地だけでも食べる値打ちがありますが、リコッタチーズとオレンジピールなどを合わせたクリームの爽やかさを含んだ優しい甘さの魅力も吸引力抜群。

関西圏でも扱っているお店が数軒だけなので、訪れる度につい欲しくなるということなのです。
頭の中までバリパリッと響いて来る食感に、あぁ降参~と白旗を揚げてしまいます。何度食べても素晴らしい!



長年ドイツ菓子を修業した奥村シェフですが、イタリア菓子の経験もあり、フランス菓子のルセットにも通じています。枠を定めることなく自分の好きなものをラインナップするスタイル。
でもどのお菓子も生地の美味しさがあってこそ、という姿勢が貫かれているので安定した美味しさが実現しているのでしょう。とても大切にしたい、愛着の湧くお店です。



●『鳴門金時のエッケ』360円  『ムシェル』330円  (※外税)

●「ツッカーベッカー エミル」
  神戸市灘区日尾町2-3-17  TEL078-843-1880  定休日/水曜・第1&3木曜  営業時間/10:30~19:30

  ※ブログ「パイ日和おまけ」では、こちらの『クッキー』をご紹介しています。