フリアンディーズ(8) 『ハートのタルトケーキ』

大阪府吹田市、阪急千里線・山田駅南東6、7分のところにある「ケーキファクトリー フリアンディーズ」さん。昨年オープン25周年を迎えた、この業界では老舗の部類に入るキャリアのあるお店です。
ベテランの綿本博行さん、貴子さんご夫妻のツインシェフ体制で切り盛りされています。博行さんが担当している定番のケーキや焼菓子に加えて、貴子さんが担当するアイシングクッキーやシュガーケーキ、イートインのパンケーキなど、小さなお店に溢れんばかりのアイテムが並んでいます。
第18回「3.15=π(パイ)の日 R 」キャンペーンでは、昨年の4品に加えて貴子さんの新作、華麗なケーキが加わりました。待っておりました、貴子シェフ。


●『ハートのタルトケーキ』 左右11.5cm 上下9cm 高さ5.5cmほど。
画像
わぉ! なんて奇麗なのでしょう。
華やかで賑々しく、まさに“春の歓び”。しばし、うっとり。

ハート形のパートシュクレ。
“無限に続く数字πにちなんで永遠の愛を誓う日”パイの日キャンペーンにもっとも相応しいですね。

シュクレはクッキー生地と呼ばれることもありますが、この生地もやや甘めでそのままクッキーとして食べても品のいいおやつになりそう。
間に挟み、トップにも絞っているのはチーズクリーム。クリームチーズとクレームシャンティを合わせています。「フリアンディーズ」らしく、甘さを抑えた淡く繊細な味わい。
チーズのコクと風味が、乳の香りの強いシャンティとともに優しいけれど満足感のあるボディを作っています。シュクレのサクサクとした軽やかな食感と似合っているし、爽やかな後味です。

画像トップは、賑やかに彩り美しく盛りだくさん! 
主役の苺が甘やかな香りを振りまき、そしてフレッシュなフランボワーズ&ブルーベリー、さらに可憐な花のホワイトチョコ。一口ごとに味が変化するのも、ふふっ乙ですな。

“眼福に口福”とはこのことではないでしょうか。
あらん、底にハート型の紙レースも。長年冬眠中だった乙女心が目を覚まし、気分は晴れやか、春のお花畑のようなタルト。きゃっ素敵!

自分のご褒美はもちろん、大好きなあの人へ。贈る人も貰った人もどちらも、心の奥でふっと幸せを感じるでしょう。お菓子の秘めたる力って凄い!



下の娘さんがお店を手伝うようになり、夫妻シェフも一段と気合いが入っているようです。いつにもまして、和やかで溌剌とした空気が流れています。
企画目白押しのお店なので、目が放せませんよ。続報を乞うご期待!



●『ハートのタルトケーキ』2000円  (※外税)

●「フリアンディーズ」
  大阪府吹田市山田西3-57-18  TEL06-6878-2522  定休日/月曜+時折不定休あり  営業時間/10:00~21:00