クレーヴ(3) 『りんごと安納芋のパイ』『オイルサーディンとベーコンのキッシュ』

兵庫県西宮市、阪急甲陽線・苦楽園口駅から西へ2分ほどのところにあるパティスリー「クレーヴ」さん。チーズケーキ、パウンドケーキ、焼き菓子、キッシュが主な品揃えです。
シェフの小川雅世さんは男前で、選び抜いた材料を使っていても「そんなん当たり前やん」と笑い飛ばしてしまいます。ついこちらもご陽気気分で軽口を連発。ともかく、店を出るまで友だちとして温かく包み込み、楽しませてくれるのです。ウォームハートになったところで食べるお菓子の美味しさはもちろん格別です。


●『りんごと安納芋のパイ』 辺10.5cm 高さ3.3cmほど。
画像
“本日のケーキ”として出されていた気まぐれのケーキですが、傑作!

パイ生地にチーズケーキのアパレイユを流し、林檎の甘煮と安納芋、ほんの少しの三温糖(芋が甘いので)とシナモン。
上からシナモン風味のクランブル(アーモンドプードル入り)を振って焼き上げています。

サクッと一口。
ふーむ、なんて品のいい甘さ。林檎とチーズのほのかで柔らかみのある酸味を背景とした、芋の甘味。食感のふんわりとしたとろみも優しい甘さを強調しているようです。
うん、決めてはシナモンかな。ただの甘さで終わらず、キレの良さを感じさせているのはシナモンの清々しさでしょう。

芋ということで、とても身近で気安い感じのケーキですが、凛とした気品が備わっています。というのも、甘さの満足だけを求めず、林檎やシナモンが味を引き締め、奥行きを加えているから。
小川シェフ、販売の段階になると冗談ばかりですが、このあたり真剣です。



●『オイルサーディンとベーコンのキッシュ』 辺10.5cm 高さ2.5cmほど。
画像
いつもの“野菜たっぷりのキッシュ”のアレンジヴァージョン。

めずらしくオイルサーディンが入っています。
アパレイユはいつも通り、生クリーム多めで、牛乳、パルメザンチーズ、卵、塩、コショー、出汁醤油にほんの少し三温糖。
野菜は淡路島の「てっちゃん」タマネギ(“鉄腕ダッシュ”でも取り上げられていたらしい)のほか、プチトマト、パプリカ、ブロッコリー、しめじなど。
メインの具材がオイルサーディンとベーコン。

いつもながら、このアパレイユの安定感が見事なことといったら。フランス帰りの人など塩辛い仕上がりのものを現地風として平気な顔で売っていたりするけれど、小川さんのキッシュは惣菜として二重丸の美味しさ。ご飯のおかずでもいけるし、お酒のあてにも十分。

アパレイユに話しを戻すと、素晴らしい媒体でどんな具材でも包容力たっぷりに受け止めてしまう。オイルサーディンもなんなく溶け込みなんの違和感もなく一体化しているのです。物もいいですね、プリッと身が引き締まってイワシのおいしさが生きています。嗚呼、今日も美味しかったよぉ。
画像



その日のアレンジもの、気まぐれがいつもピタリと決まります。計量したりせずにアバウトな感覚で味を作り出すのですから…… むふふっ、「やだぁ誉めないで~!」と騒ぎ出す小川さんが目に浮かぶのでこれくらいにしときましょう。




●『りんごと安納芋のパイ』280円  『オイルサーディンとベーコンのキッシュ』350円  (※内税)

●「パティスリー クレーヴ」
  兵庫県西宮市南越木岩町11-22  TEL0798-74-7820  定休日/日曜・月曜・火曜  営業時間/10:00~20:00