焼き菓子の里(4) 『シュトロイゼルケーゼクーヘン』『リンツァートルテ』

大阪市淀川区、阪急京都線・千里線淡路駅から北東に15分ほどのところにある「焼き菓子の里」さん。
小さなお店ですが、ドイツ菓子マイスターの古井和也さんの手から生み出される焼き菓子はどれも特級品。種類もとても豊富だし、季節ごとの入れ替えも多いので毎回目移りしてしまいます。


●『シュトロイゼルケーゼクーヘン』 径7.5cm 高さ2.5cm 80gほど。
画像
ドイツ風のチーズタルトです。

本来はドイツのフレッシュチーズ“クワルク”を使うところなのですが、日本では手に入らないので、クリームチーズとレモンで代用しています。業者が勧めるフロマージュブランは酸味が弱く物足りないそうです。

タルト生地はミュルベタイク(パートシュクレ)。
アパレイユはクリームチーズにレモンの果皮の擦りおろしと果汁・ヴァニラ、そして牛乳の代わりに飲むヨーグルトを使ったコクの強いカスタードクリーム。
上にシュトロイゼルを載せて焼いています。最後に粉糖。

サックリ、ほろっと軽い食感のタルトやシュトロイゼルのもろもろ感に代表されるように、全体に優しい印象のチーズタルト。
とはいえ、くっきりレモンの風味と酸味は印象に残るし、飲むヨーグルトがしっかり利いているカスタードのコクもはっきりと明確。軽やかで優しく、何個でも食べられそうなくらいなのに、十分な満足感。
なんだか魔法に掛けられたような美味しさです。うーん、いいなぁこれ。



●『リンツァートルテ』  径6.8cm 高さ2.5cm 60gほど。
画像
はや2度目の登場。そう、気に入っているのです。
前回もご紹介したように、タルト型で焼いていますが、生地は絞り出しタイプ。シナモンとナツメグが利いてます。

作り方は変わっていないよう(2回目だったので聞かず)ですが、あらん、前回より生地に加えられている皮付きヘーゼルナッツがよく香ります。フランス産のフランボワーズのジャムよりも主役にのし上がったように、華やかに香りを放っています。

もちろん、フランボワーズも負けている訳ではなく、馥郁としているし、キリッとした甘酸っぱさで美味しさのメインを作り出しています。
そして生地の味わい深さも相変わらず。今回は地味な見掛けを覆す華やかな美味しさに感じられました。うんうん、お見事!


初めて見る柑橘類“ゆずきち”を手に入れてパウンドケーキを作っていたり、ハロウィーン対象のお菓子が出ていたり、タルトタタンの準備をしていたり。茶色いお菓子が多く(なにせ焼き菓子の里ですからね)一見、同じように感じる方もおられるかもしれませんが、じつは季節感満載。それに、味わいも多彩。
「この時期しか食べられないものは?」と訊ねてみてください。きっとバラエティ豊かな美味しさに出会えますよ。



●『シュトロイゼルケーゼクーヘン』250円  『リンツァートルテ』280円  (※内税)

●「焼き菓子の里」
  大阪市淀川区菅原4-10-35  TEL06-6648-8357  定休日/第1・3日曜&第2・4水曜  営業時間/10:30~19:00

  ※ブログ「パイ日和おまけ」では、こちらの焼き菓子をご紹介しています。