ブーレファリネ(2) 『アルザス風りんごのタルト』『洋梨とマロンの焼タルト キルシュ風味』

兵庫県宝塚市、阪急宝塚線・山本駅から1分のところにある「ブーレファリネ」さん。1年ぶりの登場。
田邊さんご夫妻とそのケーキに親しいものを感じていて行きたくてしょうがないのに、いつの間にかご無沙汰してしまっていました。
久しぶりの再会、心が弾みますね。ご夫婦でケーキを作り分けておられますが、まずは風見子さんから。この季節ならではの果実を使ったタルトです。


●『アルザス風りんごのタルト』  辺11cm 高さ3.5cmほど。
画像
パートブリゼにアパレイユを流し、櫛形に切った紅玉を並べて焼き込むだけというシンプルなお菓子。

卵とアーモンドプードルに加えて、白ワイン。アルザスの銘醸ワイン“ゲヴュルツトラミネール”を使っています。

気軽に、パクッといきましょうか…… あぁ美味しいなぁ。

紅玉がしっかり酸っぱいことと、シャキッとした歯切れのいい食感とトロリと溶ける蠱惑感を併せ持っているところが、魅力。

と同時に、ゲヴュルツが思いっきり香っていますね。お酒の満足感と花や果実の香りの華やかさ、芳醇さをプラスしてくれ、リンゴの美味しさを引き立てています。

素朴なタルトのはずなのに、スターのような存在感で輝いています。
肩の力は抜けているのに、食べた満足感はたっぷり。家庭的なタルトはこうでなくっちゃね。




●『洋梨とマロンの焼タルト キルシュ風味』  辺10cm 高さ2.8cmほど。
画像
こちらもパートブリゼに、マロンのペースト入りフランジパーヌを流し、クランブルとフレッシュの洋梨とカラメル煮した洋梨の両方を載せて焼いています。

カラメル煮した洋梨のキルシュがしっかり利いていて強い主張をしています。
洋梨の甘さよりもカラメルの苦みとキルシュのキリッとした感覚が目立ちます。

これが美味しく感じられるのは、フランジパーヌの重い土台がしっかり支えてくれているから。
とくにマロンペーストの甘さが、美味しさの基盤を作り出しています。ブリゼも軽やかな食感でいいリズム。

フレッシュの洋梨は周りが強いので、存在感は希薄に感じられますが、じつは瑞々しさの点で大いに力を発揮してくれているのです。洋梨らしさも演出してくれているし。
脇役が上手い芝居は当たるというのが定説ですが、ケーキでも同じことが云えそうですね。これまたお見事でした。




オープン当初、地域性を気にしていましたが、すでに年配のご婦人が日常の自分用のおやつとしてチョコレートケーキの『ルカ』を一つ買って帰るのを目の当たりにすると、ちゃんとこちらの主張が地元に受け入れられ、愛されるお店に成長しているのを感じました。
これからも、ますます元気のいい溌剌とした主張のあるケーキにファンが増えていくことでしょう。



●『アルザス風りんごのタルト』340円  『洋梨とマロンの焼タルト キルシュ風味』380円 (※外税)

●「カフェ・パティスリー ブーレファリネ」
  兵庫県宝塚市山本東2-9-6  TEL0797-75-5747  定休日/火曜  営業時間/10:00~19:00(カフェ~18:00まで)

※ブログ「パイ日和・おまけ」では、このお店の生ケーキを紹介しています。