パティシエールUTAKO (3) 『サワーポメロのシブースト(再)』『赤いフルーツのチーズパイ』

大阪府高槻市、JR京都線・摂津富田駅から3分ほどのところにある「パティシエール UTAKO(ウタコ)」さん。
純然たるフランス菓子のお店ですが、敷居が高くなく、近隣のファミリーに愛されるお店となっています。フランス菓子は難しいと考えるのは、取り越し苦労。素直に美味しいお菓子がいくらでもあるのですから、ファミリー層に受けて当然なのですね。

今回、「3.14=π(パイ)の日R」キャンペーンのための商品が、少し組み替えられました。
昨年、対象商品となっていた『フランス産クルミのタルトレット』は秋の定番商品となり、新たに『赤いフルーツのチーズパイ』が登場。
『サワーポメロのシブースト』もタルト台を大きくするというマイナーチェンジということで再度ご紹介しましょう。


●『サワーポメロのシブースト(再)』 径8cm 高さ3.8cmほど。
画像
前年ご紹介していますが、タルト生地の大きさが変わったので、もう一度。

ブリゼ生地にクラフティ風のカスタード。
そこに、サワーポメロ(ウタコさんの鹿児島のご実家でお父さんが無農薬で丹精込めて育てた文旦に近い柑橘類)の実、上にオレンジ&レモン風味のシブーストクリーム。
表面をカラメリゼ。

カラメリゼのほろ苦さの次に、シブーストクリームが甘過ぎず爽やかな酸味と香りを伴って、個性的なシブーストになっています。ややゼラチンが多めで泡感を強く感じさせるねっとりクリーム。オレンジの風味が華やか。

そこへ、サワーポメロのみずみずしさが …… おぉ、フレッシュ! 
一気に爽やかで清らかな世界に連れて行ってくれます。ここがなんとも魅力なんですねぇ。

タルト部分は全体の優しいベースを築いていると言えるでしょう。
サクサクの食感、カスタードの優しさにブリゼのほのかな塩気。よくバランスが取れています。

昨年のものは、上のシブーストクリームの部分と同じ径だったのですが、今年は一回り大きくなっています。おかげで切る時に安定していて切り易いということが、変更の大きな目的だったようです。
でも、それ以上に、見た目の美しさ、味のバランスの点でも、向上しているように感じました。

シブーストクリームはカラメリゼも含めて、味の強いもの。これだけの大きさがあってちょうどいいと感じられます。
最後までサクサク感がつづくのもいいですね。通奏低音のように、邪魔にならない程度にサクサク、サクサクと響いているのです。陰の主役はブリゼだよ、と言っているようでもありますね。


昨年のままでも、十分に名品の名に値したと思います。大好きなシブーストでした。
が、そこで満足してしまわずに、さらにもう一歩押し進めるあたり、職人魂も含めてお見事です。





●『赤いフルーツのチーズパイ(大)』 径12cm 高さ2.7cmほど。
画像
ひゃっほう、ラブリ~!! 
ギフトっぽいビジュアルプレゼンテーション、素敵です。

ハートのパイ(ブリゼ)を加えてくれたことが、ふふふっ嬉しいなぁ。
土台もブリゼ。チーズ入りのプリン種風の(チーズケーキより)優しいアパレイユ。
苺、フランボワーズ、ブルーベリー、グロゼイユをたっぷり盛り込んで焼き上げています。
焼き上がりに、グラニュー糖でカラメリゼした、ちっちゃなハートのブリゼ。

赤いフルーツの単調に陥らない、ほのかな酸味が利いています。
何より、アパレイユのとろネチョーッとした食感が格別。存在を強く主張する食感に加えて、チーズのコクがあって、プリンの優しさも兼ね備えています。この相反するような性格の同居が面白いですね。
ブリゼのサクサク感が小気味良く、ほのかな塩気による引き締め効果も利いています。
画像

シンプルに美味しく、見掛けも美しいパイ。
プレゼントしない手はない、と思えるほどよくできています。

いいなぁ、これ。誰かに持って行きたくなってきますね。
ほら、あの人のパッと明るい表情が目に浮かんできましたょ。






自転車の前後に子供を乗せたお客さんが来ると表まで出て注文を取り、商品を持ってくるウタコさん。ファミリーの人たちから愛されるのも当然ですね。2、3日置きにおやつを買いに来る常連のおばあちゃんは“ここのでないと叱られるのよ”といって家族分をいつも買って行くとか。
ほのぼのとしたお客さんとの交流を自然に誘う、優しさが基調にあるお菓子。
こうあって欲しいと願うような、お店のスタイルにオープンして2年ほどで到達しているようです。すごいですね。ウタコさんの人間力に感心します。



●『サワーポメロのシブースト(再)』400円  『赤いフルーツのチーズパイ』1300円(大) 350円(小・ハート1つ)

●「パティシエール UTAKO (ウタコ)」
 大阪府高槻市富田丘町13-18  TEL072-601-6175  定休日/火曜

※ブログ「パイ日和・おまけ」には、このお店のケーキを紹介しています。