リョウ (3) 『ベリーのタルト』『龍華町のサクサクパイ(サツマイモ)』

大阪府八尾市、JR大和路線久宝寺駅の北側すぐの団地の1階にある「パティスリー リョウ」さん。
新興住宅街で品質の高さ、良心的な価格でメキメキと支持層を拡大している ファミリー向けのお店です。
窯のローテーションの問題もあって時間帯にもよるのでしょうが、訪れた時はお店の中はタルトの焼き上がった幸せな香りでいっぱい。その香りの良さからも、素材の質の高さが伝わってきます。
本日は、お得意のレパートリーで真夏も衰えない人気のパイ・タルトを1点ずつご紹介しましょう。


●『ベリーのタルト』 辺8.5cm 高さ2.5cmほど。
画像
パートシュクレにクレームダマンド、赤い実。
オーソドックスな作り。

赤い実はダークチェリー、カシス、フランボワーズなど。ファミリー向けに甘さが主体となった美味しさになっています。

それでも、ベリー類にはちゃんと酸味もあり、赤い実の美味しさが活かされています。
シュクレやダマンドの甘さを控えることで、その美味しさが隠されてしまわないようになっています。

隅田シェフは若いながら、自分のケーキを冷静に見る力があるようで、受け入れられやすさと、本来の美味しさとのバランスを微妙に調整することができているのではないかと思います。

このケーキを誉めたくなる要因の第一は、なんといってもタルトの香り。
芳ばしくしっかり焼き込んだ生地からは粉の旨味、バターのコクなどがたっぷり伝わってきます。
少し固めのザクザクとした仕上がりですが、全体の優しい甘さを引き締める力にもなっていて、この場合はマッチしているように感じました。





●『龍華町のサクサクパイ(サツマイモ)』 5.7×23.5cm 高さ2.5cm 150gほど。
画像

このシリーズは以前にご紹介したリンゴのほか、このサツマイモと洋梨、ベリーの4種があるようです。
選べる楽しさがありますね。
どれも箱入りで690円とお買得。
ちょっとした手土産に重宝しそうです。

ザックリした折パイ生地に薄くダマンドを敷き、甘煮したサツマイモが10切ればかり。
焼き込んで、仕上げにアプリコットのナパージュ。

全然難しいことはしていないのですが、ほどを得た美味しさ。
サツマイモのほくほくした美味しさが全開しているし、パイとの相性もぴったり。
サツマイモの皮つきも素朴さがあっていいし、ナパージュの甘酸っぱさもよく似合っています。




画像
パイ生地もラピッドのようなバリザクタイプですが、気楽なラフなお菓子として、テクスチャーも香りもいいんじゃないでしょうか。
やや色白ですが、なかまでしっかり焼けているところは、さすがパイ・タルトが得意なだけありますね。





気楽な値段で良質な日常のおやつが食べられるのは、羨ましいかぎり。
新店で人気が出てくると、もっと売りたいと思うのが普通。そこで売りやすい商品の方向にブレて行きがち。
今回お訪ねすると、夏場でもゼリー類ばかりに頼らずに、自分らしさの出るパイ・タルトを減らさず、しかもしっかり売れる商品に定着させている様子。そのブレない態度と自信。立派だと思います。
もっともっとやりたいことがいっぱいあるのでしょうが、そういうことができるお店に早晩成長するお店だと実感しました。



●『ベリーのタルト』270円  『龍華町のサクサクパイ(サツマイモ)』690円

●「パティスリー・リョウ」
 大阪府八尾市龍華町2-1-20-106  TEL072-999-4717  定休日/火曜