菓子工房フラノデリス『富良野の野菜パイ』

北海道富良野市の「菓子工房フラノデリス」さん。
阪急百貨店梅田本店の北海道物産展に出店されていたようで、友達がパイを買ってきてくれました。
フラノデリスといえば、『ふらの牛乳プリン』や『ドゥーブルフロマージュ』。
ふたつとも味の記憶が欠落しているのですが、たしか以前に仕事先でご相伴させてもらったことがあります。その日もこの二つは大人気だったようで、階段まで行列だったとか。彼女も行列が苦手なので、すぐ購入できるパイを選んだそうです。
いつものことながら、阪急さんの物産展のにぎわいは想像を絶するほどで、人が密集している場所は苦手なのでこのところあまり立ち寄っていません。ここのパイは初めてなので、とても助かりましたね。
では、さっそくご紹介いたしましょう。


●『富良野の野菜パイ』 径2.5cm 14.5cm 20gほど。
画像
とうきび、かぼちゃ、たまねぎ、にんじん、にんにくの5種類。

パイと野菜(パウダー)のクッキー生地が、ねじねじと交互に絡み合っています。プレッツェル的な作りですね。
北海道の小麦と発酵バターを使っているそうです。野菜も、富良野をはじめ北海道で採れたものだとか。北海道のお店ならではのこだわりが感じられますね。

グラムを見るとわかりますが、手に持つと、あるべき重さがなく、空気のようにとても軽い。
食感も当然、軽やか。サクッ、フワッです。
へーっ、ここまで軽いというのもなかなか珍しい。

さて、お次は、匂いと風味。
『とうきび』は、粒がぽつぽつと入っていました。優しい甘さ。
『かぼちゃ』と『にんじん』は、たしかにそんな風味が。
『たまねぎ』と『にんにく』は、どちらも炒めて風味を強く主張させています。
タマネギは、あまく。
特筆すべきは、にんにく。これはパウダーではなく、にんにくの小さなチップがちらちら入っていて、ニンニクパワー全開で、ずっと口の中に匂いがはびこっていました。強烈です。にんにく好きにはたまらないでしょう。

それぞれ、野菜の個性が感じられますね。野菜ものというと、健康志向のものにありがちな我慢する味ではなく、素直に風味を楽しめます。
それぞれの個性をうまく出すためのノウハウがあるのでしょうが、物産展では何も答えてもらえませんものね。友人も興味はあったようですが、聞けなかったとのこと。

画像
いずれも、嫌みなくわかりやすい味わいです。
パッケージも野菜によって色違いのシールが貼ってあって、手書き風文字で、可愛いデザイン。じつによく出来ています。
商品企画の意図もなんとなく分かります。こちらの商品全般が人気なのもわかるような…。
と、わかる、という言葉のオンパレード。そこに、こちらの大人気の秘密があるのかもしれません。



もらいものだというのに、はしたない私はお値段をしゃあしゃあと聞いてしまいます。
ん? んん、1200円。あっええっ、5本で、1200円 ?! 
パッケージもキュートでちょっとした贈り物に最適ですし、なにより材料にこだわっているからかもしれませんね。
そう考えるとこのお値段でも平気な方も多いかと思いますが……やんごとなき身分でもなく、それどころか常日頃、貧乏自慢ではちょっとやそっとでは負けないぞと自負している身分といたしましては、自腹では躊躇してしまうかなぁ。嬉し涙で友達の顔がかすんでしまいました。感謝、感謝でございます。


では。友に、パイのお礼の一句。        目に涙 山ほととぎす 初デリス



●『富良野の野菜パイ』1200円

●「菓子工房フラノデリス」
 北海道富良野市下御料2156-1  TEL0167-22-8005  定休日/