コムトゥジュール (5)  『木の実のタルト』『芋とリンゴのタルト』『バナナのフィユーテ』

京都・北山通を賀茂川より西へ渡ってすぐのところにある「コムトゥジュール」さん。
目の前にバス停がありますが、地下鉄だと北大路駅から5分余りかかります。でもこの道も通い慣れました。いつ行っても美味しいケーキに出会えるお店です。
定番商品と、はじめて出会ったもの、とりまとめてご紹介しましょう。


●『木の実のタルト』 辺9cm 高さ5cm(木の実のトップまで) 100gほど。
画像『ミルフィーユ』と並ぶ、こちらのお店を代表するケーキです。
タルト(シュクレ)の台にチョコレート風味のダマンド。その上に木の実がい~っぱい! 
カシューナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオ…。
それらにヌガーを少し流しかけてあります。甘みの補充という意味と、接着剤としての役割も果たしています。
ポロポロこぼれずに安心してパクつけるという訳です。

普通だったらカシューの代わりにもう少しヘーゼルが入るところです。今回たまたまカシューばかりが多いところがあたりました。ケーキにカシューはたまにしか出会いません。甘くてちょっと特徴的な匂いが主張しすぎて、まとまりにくいのでしょうか。ピーナッツと同様にちょっと敬遠されているナッツ。
蜂谷シェフはそのカシューを果敢に取り入れて見事に開花させています。これだけたくさんカシューが入っていても、アーモンド、クルミを合わせることで少しクセがおとなしくなり、ダマンドのチョコの力もあって、全体をうまくまとめているのです。

芳ばしくてカリカリとした食感が楽しいスペシャリテ。
今日は別のものを! と心に決めてきても、姿を見るとついつい買ってしまいます。食べてまた感心。食べるごとにうなります。やはり素晴らしいですね。



●『芋とリンゴのタルト』 辺8.5cm 高さ4.5cm弱 100gほど。
画像サツマイモはあらかじめ銀紙で包んで蒸し焼きにしたもの。焼き芋風の仕上がりに。リンゴとは相性がいいですね。
かすかにシナモンが香ります。二つの素材を一体化させる力もあるように感じます。
タルトはシュクレという話でしたが、ラピッド風に折ってあるのかはっきりした層が出来ています。少し塩分もあるのかな。

芋とリンゴの甘 vs 酸の対比。カラメリゼされて互いにコクを深めていて、対比がくっきりとして魅力を増しているのではないでしょうか。ダマンドを控えめにしたのも、対照の妙を意識してのことでしょう。
シンプルなケーキに秘められた工夫、うまく決まっています。

芋という素材にふさわしい素朴な見掛け、山盛りの無造作な作りに気持ちもほっこり。旬の素材をいただくと、身体が元気になるような気がします、そんな美味しさです。



●『バナナのフィユーテ』 6.5×6.8cm 高さ7.5cmほど。
画像お得意のパイを使ったケーキ。
上下によく焼けて軽く浮いたパイ生地。下からチョコスポンジ、少し生クリーム、メインとなるバナナをクリームチーズ+ブリュレクリームで 和えたもの、生クリーム、チョコレートソースとアーモンドスライス。

この組合わせ、チョコバナナサンデーみたいなものですよね。美味しくて当たり前。
その当然の期待値をいかに超えるかがポイントとなるという意味では、易しそうでいて、作り手にとっては意外と難しいケーキではないでしょうか。

蜂谷シェフの工夫の最大の部分は、やはり香り高いパイを用いたこと。バナナに負けない強い香りで対抗させ、力強い味わいを作り出しています。
そして、ブリュレクリームだけでなく、クリームチーズを合わせているのも効を奏しているようです。チョコにもラム酒の香りがかすかに漂っていました。
こういった工夫で子ども味の代表を、大人にも楽しめるケーキにちょっぴり変身させられた好例です。



いつも、たまにはパイやタルト以外のケーキを食べようと思って出掛けるのですが、元々パイ好きということもあって、シェフの魅力的なパイ、タルトに誘惑されてしまいます。
メロンのショートケーキや、ロールケーキもいつかきっと…。美味しそうと横目に睨みつつ、また今度ねと謝ってしまいます。ほんとに今度こそ、今度ね。



●『木の実のタルト』370円  『芋とリンゴのタルト』380円  『バナナのフィユーテ』420円

●「コムトゥジュール」
 京都市北区小山元町50-1  TEL075-495-5188  定休日/水曜

※ブログ「パイ日和・おまけ」(http://pie-omake.at.webry.info/)にも、こちらのパイ以外のケーキを紹介しています。よかったら、どうぞ。