メリッサ (1) 『チーズクリームとブルーベリーのミルフィーユ』

画像
大阪の老舗ホテルといえば、リーガロイヤルホテル。そのグルメブティック「メリッサ」さん。お惣菜、パン、ケーキなどホテルの味を家庭で、ということで、関西の各百貨店に出店していて、勢いのあるホテルグルメです。
ケーキは定評がありますが、やはりそこはホテル価格。私にはちょっと高いかなぁと感じます。でも、このミルフィーユのコンセプトが“塩のスイーツ”と聞いて、財布のひもが緩くなりました。しかも阪神百貨店オリジナル企画という限定商品。なんだか乗せられているなぁと、わかっちゃいるけどやめられない、パターンです。

そんなこんなで、塩のスイーツ『チーズクリームとブルーベリーのミルフィーユ』です。
なんでも、パイ生地とチーズクリームに、ミネラル含有量世界一!(ギネス公認)の宮古島の雪塩を使用しているのだとか。
雪塩って、どんな塩? と尋ねるとミネラル含有量世界一の塩です、との返事。うーん、風味というか味わいの特徴というか、そんなことを聞きたかったのだけど、このままではぐるぐる堂々巡りしそう。
岩塩や海塩でも違うし、採れた国や地域によっても違うような気がするし…、微妙な違いは解らないのだけど、現物が横に置いてあって舐められたらよかったんですけど、ねぇ。

ま、ともかく。塩は、その効かせ方にセンスや腕の違いが表れるもの。塩味のきいたパイ生地は当然として、塩気を感じるチーズクリームとの、巧みな合わせ技。もちろん、塩っ辛いわけではなく、ほどよい加減で、ミネラル豊富な自然塩によって一歩深みのあるコクに仕上がっています。
さらに、パイ表面のカラメリゼの甘味とブルーベリーソースのフレッシュな甘酸っぱさも加わって、コクだけでなく味の奥行きも。すべてが絶妙のバランス、夏にふさわしいミルフィーユです。最近、塩をアピールしたケーキをあちこちで見かけるようになってきていますが、なかでもこれは品よく一体感がありました。

まだまだだらだらと汗をかく毎日。今日なんか仕事絡みで冷や汗までかいてしまいました。そんな時、おいしくてミネラルも補給できるなんて、こりゃ食べなきゃ駄目でしょ、という大義名分つき。元気回復にもってこいです。



●『チーズクリームとブルーベリーのミルフィーユ』459円(阪神百貨店限定)
●「メリッサ」(阪神百貨店 地下1階)
  大阪市北区梅田1-13-13      
  Tel 06-6345-1201(代)   定休日/無休