パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS パパジョンズ北山店(7)『ストロベリーフルーツタルト』『ニューヨーク風チーズケーキ』

<<   作成日時 : 2017/03/05 18:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ニューヨーク生まれのチャールズ・ローシェさんが「パパジョンズ」をオープンしたのが1990年10月。木工・漆芸職人、カフェ「ナックルズ」オーナーシェフを経ての再始動でした。それ以来、人気拡大して計4店舗を運営するに至っています。
北山店店長の高井博(1968年生)さんは、18年前新京極店のオープニングスタッフとして入社。以来、新京極店店長、移転先の新風館店の店長を歴任。
昨年、2016年1月より北山店のFCオーナーに転身しています。アメリカ風にフランチャイズと称していますが、長年の功労に報いる暖簾分けと考えれば分かりやすいでしょう。

高井さんは、おじいさんの時代からの友禅職人家庭(型友禅)。ご本人も西陣で10年近く友禅職人として修業していたという経歴があり、ローシェさんと相通じるものがあり、いいコンビなのかもしれませんね。スマートでよく気が付くけれど、控えめなサービスが居心地のいい空気を作り出しています。
商品は従来通りの定番商品と季節折々のフェア商品など。ほぼ全店共通(スタッフ数の関係で出せないものや、店舗ごとのスペシャル品などの相違はありますが)。
そうそう、3月1日から10日までは、苺尽くしの“Strawberry Fair”が開催中ですよ。


●『ストロベリーフルーツタルト』   辺10cm 高さ4cmほど。
画像
これがフェアで食べられるケーキの一つ。

パートシュクレのタルト生地にカスタードにクリームチーズを加えたアパレイユを流し、トップにフレッシュの苺とブルーベリー。

アパレイユはチーズのコクはあるけれど、とても上品。生地も焼き込んだいい香り。
フルーツも優しい味わいで、スルスルと食べやすい味わい。

こういう大人しい味わいで、納得感のある濃度の決定は難しいんですけど、ピタリと決まっていますね。
アメリカンケーキは大味でベタ甘いと思っている向きもあるでしょうが、すべてがそうではないのです。
ローシェさんはアメリカの優れたレシピの中から、品のいい味わいのものを精選して提供してくれています。

その趣味の良さは別格と行っていいでしょう。そのベースがあるから、新規開発の商品も優しく上品なものが生まれて来るのですね。




●『ニューヨーク風チーズケーキ』  辺10cm 高さ4cmほど。
画像
私たちにベイクドチーズケーキの本当の美味しさを教えてくれた、記念碑的な商品。

以来、四半世紀を経たわけですが、いまだにその地位を失わない完成度の高さには舌を巻きます。
「パパジョンズ」を代表するケーキでありつづけるのも当然ですね。

グラハムクラッカーを砕いたものとシナモンを合わせ、バターと捏ねたものがアパレイユの上下に置かれています。生地の縁なしタルトといった趣きです。

それで、いつもは“パイ日和おまけ”で紹介していますが、今回はこちらに移籍。まァ、タルトといえばタルト。
こういう作り方は、よくアメリカの家庭での手作りタルトの手法ですからね。実際、ローシェさんのお母さんの味ですし。

アパレイユもコクたっぷりで、単独でも十分に美味しく、ワインと合わせてもいいかな、という位のものです。シナモンクラッカー生地との相性がともかく素晴らしい。

どこにでもあるという組合せではないのに、食べて懐かしさすら感じるほど。エヴァーグリーンのケーキというのは、それほどに自然な味わいだということでしょう。
尊敬を込めて、お見事です。




●『カプチーノ』
画像
キッチンの奥に金色に輝く大きなエスプレッソマシーンで作られる『カプチーノ』。
こちらの名物です。

エスプレッソのクレマもそうですが、ミルクの泡の肌理細かさが常識を超えています。いつ飲んでも最後まで消えることのない泡。見事です。
滑らかで豊かな弾力のある泡越しに飲むコーヒーのコクも格別。毎回頼んでしまうのですよねぇ。




北山店、植物園に散歩がてら見物に来た帰りや、コンサートホールへ行く前の軽い食事にと使い勝手がいいですね。夜9時まで開いているので、ピンチョスのような軽いおつまみがあると、呑みやすくなるかなぁ。



●『ストロベリーフルーツタルト』320円  『ニューヨーク風チーズケーキ』450円  『カプチーノ』490円  (※外税)

●「パパジョンズ北山店」
  京都市左京区下鴨南芝町43-3  TEL075-711-6401  定休日/不定休  営業時間/10:00〜21:00

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

パパジョンズ北山店(7)『ストロベリーフルーツタルト』『ニューヨーク風チーズケーキ』 パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる