パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS パティシエールUTAKO(ウタコ)(10) 『タルトバナンヌ』

<<   作成日時 : 2017/02/06 17:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大阪府高槻市、JR京都線・摂津富田駅の北側の道を線路沿いに西へ行き道なりに上がって行くとぶつかるのが、「パティシエール UTAKO」さん。
日が暮れてから訪れると、灯がホッとするイメージだし、店内に入ると本当に宝物に出会うという歓びが得られますよ。


●『タルトバナンヌ』  径6.5cm 高さ7.5cmほど。
画像
こちらは「3.14=π(パイ)の日R」キャンペーンの対象商品ではありませんが、定番商品でつねに作っているお菓子。人気商品です。

サックサクのパートシュクレに優しい味わいのクレームダマンド、卵黄が赤みを帯びているのでしょうか、オレンジ色に近いカスタードが豊かなコクを与えています。
そして完熟のバナナ、たっぷりのクレームシャンティ。
大牟田のオーム乳業の生クリームを使っているので、真っ白。エサの違いで北海道産の生クリームは比較的黄色みが強いのですが、九州は輝くように白いのが特徴。

以前食べたときのノートを見て驚きました。
「UTAKO」オープン間もない2011年のもの。値段はわずかに30円上がっているだけですが、なんとサイズが直系で1.5cm、高さで2cm大きくなっているのです(もしかして、測り間違い?)
ケーキの値段は材料代に比例するだけのものではないのは分かっていますが、実質値下げ! と言いたくなりますね。材料代高騰の折ですからなおさら。

まァ、それはさておき。
このボリューム感のあるバナナのタルト、そうそう これこれっとニマニマしてしまう安心感と懐かしさ。相変わらず完熟バナナを中心に、バランスいいなぁ。
シュクレとダマンドは普通に甘いのですが、た〜っぷりのシャンティはサッパリ味でバナナを目立たせています。あるいはサイズが大きくなった分、甘さを控えたのかもしれませんが。

バナナの爛熟した香りの頽落を裡に秘めつつ、健全な甘味でさらりと食べさせてしまう。
食べた後にフッとバナナの香りが戻ってくる辺り、ウタコさん、知能犯の匂いもありますよ。ふふふっ。



子育て世帯の多い地域ですから、おおむね食べやすい味わいで、子供に食べさせても安全なもの、といえる品揃え。ですが、いろいろ技が隠されていたり、秘密の意図があったり、知れば知るほど魅力の深まるお店です。



●『タルトバナンヌ』410円  (※内税)

●「パティシエール UTAKO(ウタコ)」
  大阪府高槻市富田丘町13-18  TEL072-601-6175  定休日/火曜   営業時間/11:00〜20:00

  ※「パイ日和・おまけ」では、こちらのお店の生ケーキをご紹介しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

パティシエールUTAKO(ウタコ)(10) 『タルトバナンヌ』 パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる