パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS パティシエールUTAKO ウタコ(9) 『フランスくるみのタルトレット』

<<   作成日時 : 2016/11/02 21:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JR京都線・摂津富田駅から西北に6、7分のところにあるパティスリー 「パティシエール UTAKO」さん。
近隣に後続のお店が2軒、3軒と出来ていますが、浮気をしない忠実なファンを獲得して堅調の様子。
それもそのはず、人の心を掴んで放さないしっかりした魅力のある商品ばかりが並びます。どの品にも固定のファンがいて、指名買いが多いのです。それだけ愛着を呼ぶ力があるのですね。
シェフ中塚雅子さんが“信じる美味しさ”を、弛みなく作りつづけているからこそでしょう。


●『フランスくるみのタルトレット』   径6.5cm 高さ3.7cm 60gほど。
画像
定番の焼きっぱなしタルトレット。

レジ脇のケースにあって、つい欲しくなります。あまりに美味しいので、2度目の紹介
時折、無性に食べたくなる可愛いヤツなのですよ。

シンプルの極みのようなタルト。
土台はパートシュクレにクレームダマンド。トップには、カラメルのソースで和えたペリゴール産のクルミ。た〜っぷり。

カラメルの思い切った苦みが大人っぽくていいのです。
かといって心底苦い訳ではなく、カラメルですから十分に甘く、心を蕩かしてくれる力は十二分。生クリームでのばしたソースなので柔らかなコクもあり、人懐っこい表情も。カラメルに溺れたくなるほどの美味しさ。

でも胡桃も負けていないのです。ローストされて芳ばしさが弾け、主役登場とばかりに躍り出てきます。
渋皮が所々残っているのですが、カラメルの苦みが上手く隠してしまい、感じつつ感じない。渋皮が全体に奥行の深さを作り出す働きをしています。
もちろん、シュクレはサクサクと軽快な食感、ダマンドはふっくらと柔らかな旨味で支え、満足感を2倍にも3倍にも膨らませてくれています。

嗚呼、この絶妙のバランス感覚、ブラヴァー! お見事です。
この美味しさ、純真無垢な子供の笑顔の影に経験豊かな大人のソフィアが隠されている、というように譬えたくなります。
いやあ、やっぱり名品ですねぇ。大好きだなぁ、これ!



お店の前を小学生の一団が通りかかり、UTAKOさんと目が合い、ニッコリ。子供たちはそのまま通り過ぎて行くのですが、開いたドアから漂う香りに“いい匂い!”と、はしゃいだ声が。
これぞ、「UTAKO」さんの人気の秘密でしょうね。もちろん、ほんの一例ですけどね。



●『フランスくるみのタルトレット』300円  (※内税)

●「パティシエール UTAKO」
  大阪府高槻市富田丘町13-18  TEL072-601-6175  定休日/火曜   営業時間/11:00〜20:00

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

パティシエールUTAKO ウタコ(9) 『フランスくるみのタルトレット』 パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる