パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS ポワリエ(2) 『洋梨とショコラの焼タルト』『渋皮栗の焼タルト』『サクレ』

<<   作成日時 : 2016/11/24 21:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県西宮市、阪急神戸線・夙川駅から東へ10分ほど、高架沿い北側に7月に出来たのが「パティスリー ポワリエ」さん。
近くのビストロ「ラ プチット」さん(ここも再訪予定)に行く途中、あっ新しいパティスリーがある! とたまたま見つけたお店です。そのランチ後、さっそく立ち寄って初訪問。大満足でした。
1ヵ月余り経って、なんだかうずうずしてきて、また行ってしまいました。


●『洋梨とショコラの焼タルト』  辺9cm 高さ3.8cmほど。
画像
ショーケースの前に立つと、いくつも並ぶ焼タルトのシリーズに惹き付けられてしまいます。
前回『りんご』と『くるみとショコラ』を戴いたので、今回は残りの2つ。

構成は大まかな点は似ています。
シュクレ(シェフの岡崎純子さんはサブレ生地と呼んでいます。目指す食感がイメージできますね)にフランジパーヌ、チョコ生地を敷いて、フレッシュの洋梨、チョコチップを散らし、いつものアパレイユ、ナパージュヌートル。

洋梨とチョコレートの組合せは定番だからね、と少し見くびっていたかもしれません。
一口パクリと食べたその刹那、ニマ〜ッと顔のデッサンがゆるゆるに崩れて、崩れて〜。

チョコの優しい甘さに手懐けられてしまったのです。もう、エサを前に尻尾を振る我が家のワンコ同然。
チョコチップとチョコ生地が一体となって、とろける感じ。この甘さがいいんですねぇ。十分に甘いけれどくどくない。優しさを湛えていて、ジュースを吸ってしっとりとしたフランジパーヌやアパレイユの豊満さと相まって、とても奥行きが深いのです。

そこへ、洋梨が瑞々しいジュースを振りまき、しゅるっとした食感も快感! 美味しさが足し算で増えるというより、累乗的に飛躍するといっていいでしょう。

食べ終わってまたすぐ、もう1個食べたくなるほど。ホールでも食べてしまうだろうなあ。危険!! なほどお見事です。




●『渋皮栗の焼タルト』  辺9cm 高さ3cmほど。
画像
こちらはもう少し落ち着いたじっくりとした味わい。

シュクレ、フランジパーヌに栗のペーストを加えたもの、薄くチョコスポンジ、渋皮栗(甘露煮)、アパレイユ、アーモンドスライス、ナパージュヌートル。

じっくりと焼き込んでいます。シュクレがやや色黒になるところまで焼くことで、栗のペーストのたっぷりとした味わい、馥郁とした香りに骨太なエッジを与えています。

フランジパーヌと栗のペーストが本当にいい味わい。優しい豊かさ、人にひけらかすようなギラギラした部分のない、自足した豊かさ。
渋皮栗がその満足感に屋上屋を重ねることになるのですが、少しも嫌みじゃないし、ムダとも感じない。嬉しい余剰。

メインの素材が、同類が作り出した十分な満足の上に置かれるという配置。
地味な贅沢。凝り過ぎてゴテゴテしたものよりずっといいですね。うんなかなかどうして、いいですなぁ。




●『サクレ』  2.8×3cm 厚み1.3cm 30gほど。
画像
パイ生地をカラメリゼしただけ。シンプルなお菓子。

だけど“美味しいお菓子の真髄を垣間見せる”と言っても過言ではないかもしれません。

カラメリゼのカリッとした強い食感、パイ生地のさっくりとした軽やかで繊細な食感。小さい中に鋭いコントラストを描き出しています。

フィユタージュは2番生地を使って浮きを抑えているとのこと。でもこの軽やかさは下手な1番よりはるかに上手。丁寧な仕事ぶりが窺えますね。

砂糖はヴァニラシュガーとカソナードを使用。
どうりで人懐っこい甘さだと思いました。カリッサクッと小気味良く砕けると優しい甘さとともに、芳醇な香りも弾けます。よく焼けているのに少しも苦みを感じさせず、生地の味わい深さを満喫。

後を引く味わいで、カリッ、サクッ。カリッ、サクッと立て続けに11個くらいぺろり。
嗚呼、なんて美味しいんでしょう! 焼菓子の人気No.1というのも頷けますね。

ちなみに『サクレ』は、サクサクとした食感から生まれた岡崎シェフの造語。
そういえば、sacre と綴ると“神聖な”。こう書くと途端に、軽快なお菓子の中にパティシエの侵し難い精神性が込められているように感じるから不思議。しかも、そう名乗る値打ちがあるほどに充実したお菓子です。小さい身体の中に10人力のパワーが込められているような。
いやはや、お見事です。

画像


1品1品の充実ぶり、満を持した独立、15年の修業で蓄えたエネルギーを一気に放出しているかのよう。

ついつい長く語りたくなるシェフであり、お菓子。これからも度々訪れることになりそうです。






●『洋梨とショコラの焼タルト』432円  『渋皮栗の焼タルト』432円  『サクレ(11個30g入り)』270円   (※内税)

●「パティスリー ポワリエ」
  兵庫県西宮市若松町3-2  TEL0798-74-7729  定休日/火曜  営業時間/11:00〜19:00

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ポワリエ(2) 『洋梨とショコラの焼タルト』『渋皮栗の焼タルト』『サクレ』 パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる