パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS ドンク(2) 『沖縄あぐ〜豚のミートパイ』

<<   作成日時 : 2016/10/20 20:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

戦後、一貫して日本のパン業界をリードしつづける「ブーランジュリー ドンク DONQ」。大企業となった今も、最先端を維持し、量だけでなく質の追究も怠らない姿勢には共感する。
当ブログへの登場回数は少ないけれど、我が家のテーブルへの登場回数は最多かも。百貨店に出店しているので使い勝手がいいのも一因かもしれない。
今回は“ごちそうジャパン”という企画の第2弾として、ミートパイが登場したので紹介しよう。


●『沖縄あぐ〜豚のミートパイ』   12×6.8cm 高さ4cm 60gほど。
画像
この企画は日本各地の特産品、注目素材を掘り起こし、その素材の美味しさが伝わるようなパンを、というもの。

第1回は、山形県鶴岡の“殿様のだだちゃ豆”。
今回の素材は沖縄県の“あぐ〜豚”、それをミートパイに仕立ててくれている。

“あぐ〜豚”は、沖縄の在来種アグー豚の優れた肉質をそのままに、西洋豚と交配させることで出産頭数と一頭から取れる肉量を増加させたもの。たっぷりの甘味ととろける脂身が特長。


画像さてそろそろ本題のミートパイ。
あぐ〜豚のミンチをトマトと合わせることでしつこさのないさっぱりとした甘味を引き出した、とチラシで説明している。
ミートソース風の仕上がりなのだが、たしかにくどさがない。優しい甘さとトマトの酸味が調和し、唐辛子のほどよいピリ辛感で引き締めている。

パイ生地もバターリッチとは言えないけれど、焼き込んだ芳ばしさもバターの芳醇さも感じられる。
そのままでもいいが、焼き戻したほうがパイやフィリングの魅力が倍増し、より“そそる度”アップするだろう。

大量生産品としてはなかなか出会わない、ハイレベル。素直に美味しい惣菜。1品足りない時には、値段的にも手頃だし嬉しい味方になってくれるだろう。



このシリーズ、全県紹介まで続くのだろうか。年4、5回実施すれば約10年に及ぶ企画。企業は発想のスケールも大きいね。毎回がパイという訳ではないだろうが、ちょっと応援したくなった次第。



●『沖縄あぐ〜豚のミートパイ』303円  (※内税)      10月1日〜11月30日までの限定発売

●「ブーランジュリー ドンク」    
  大阪市北区梅田/阪神百貨店BF1  TEL06-6345-1201  定休日/無休  営業時間/10:00〜20:00

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ドンク(2) 『沖縄あぐ〜豚のミートパイ』 パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる