パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS ウエスト (2) 『リーフパイ』『パルミエ』『チーズバトン』

<<   作成日時 : 2008/06/28 17:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

銀座の名店「洋菓子舗ウエスト」さん。「銀座ウエスト」と呼ばれることのほうが多いですかね。お土産で全国的な知名度のある『リーフパイ』のほか、大きな大きなシュークリームなど名品をいくつもお持ちです。
今回は銀座に回る余裕もなく、またしても「東京大丸」さんにお世話になりました。昨年11月に1階をスイーツ売り場に改装してくれたおかげで、ますます便利! 



●『リーフパイ』 5×12cm 厚み0.7cmほど。
画像

深い葉脈。付け根から放射状に出ている模様は単子葉植物なのかな? 
大粒のグラニューでカラメリゼされ、粒々がはっきり残っています。

よく焼けてふんわり。ピケが葉脈の部分だけなのでそれ以外のところがフワッと浮いているのです。低温で焼いているのでしょう。焦がさずに粉の甘みとほのかな香りを活かしています。
バターの香りも甘く感じられ、焦がさないカラメリゼとともに幸せな甘さに浸れるよく出来たパイです。

1枚105円で、5枚入りから売っているのも嬉しいですね。






●『パルミエ』 6.8×7cm 厚み0.6cmほど。
画像

これも焼きの浅いパイ。
周囲にグラニュー糖のカラメリゼ。やはりほんの少し溶けただけで原形を留めています。
まん中の黒っぽい筋は、粉末コーヒー。これがアクセント。
苦味はそれほど強くなく、ほのかに、どこかで香っているな、と感じる程度。そのほろ苦さが味わいに奥行きを与えています。

サクサクサラサラ〜といい食感。口の中で軽くほどけ、口溶けよくスーッと消えて行くようです。







●『チーズバトン』 1.8×8.3cm 高さ1cm 60g(12本)ほど。
画像


袋を開けた時からチーズの香りがふわ〜んと心地よく広がります。
エダムかゴーダかオレンジ色のチーズと卵の黄身でチーズペーストを作って、パイ生地に塗り、バトンに切って焼くというもの。

こちらのものが少し変わっているのは、塩あじ・スパイス風味にせず、細かく砕いたグラニュー糖を少し振っていること。この味の美味しさは、なかなかのものです。

ただ、塩あじに馴れていて、最後まで違和感が付きまといましたが。チーズケーキでは甘いのが当たり前なのに、変なものですね。





軽いおやつ菓子ですが、すべてに「ウエスト」さんのテイスト、“上質で嘘のない味、やさしい味わい”が統一されているのが感じられます。
これだけ有名になって百貨店にも出店していて、保存剤とか防腐剤のようなものを使わず、真っ向勝負、正直な仕事をしていると感じます。すべてに品がいいですね。



●『リーフパイ』525円(5枚入り)  『パルミエ』168円(2枚入り)  『チーズバトン』525円(12本入り)

●「洋菓子舗ウエスト」
 大丸百貨店東京店/千代田区丸の内1-9-1   TEL03-3212-8011  定休日/無休

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ウエスト (2) 『リーフパイ』『パルミエ』『チーズバトン』 パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる