パイ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS 手作り (1) 『ハニーパイ』 (ビートルズナンバーより)

<<   作成日時 : 2006/03/14 08:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像

3月14日、今日はパイの日です。
この日は私たちにとって、とても大切な日。そこで今回はちょっと趣向を変えて、クボタの手作りのパイをご紹介しましょう。

このところ、なんやかんやで忙しくしていて、文字どおり、心を亡くしそうな感じ。今日の朝食に、手作りパイとミルクコーヒーをゆったりと味わって、こころ落ち着けることにしました。手作りのものは芯からリラックスできる不思議な力が備わっている気がします。


そこで、昨夜、正確には深夜ガタゴト音をたてて作ってくれたのが『ハニーパイ』=蜂蜜のパイの登場です。
今年のヴァレンタイン、私はついうっかりチョコを買うのを忘れていて、これまた深夜に急遽ブラウニーを作り、(トップ頁にもどって、アルバム「tea break」ご参照ください)そのお返しという訳です。彼にとっては毎年恒例の、年1回だけしかチャレンジしないパイづくりです。

パイはサクサクのタルト生地。フィリングは、卵と生クリームと牛乳と砂糖と薄力粉で作るフランです。ほんの少しの塩とヴァニラエッセンス。そしてほーんの少し、気持ちだけのナツメグ。実を一瞬さっと掏り下ろす程度です。
生地だけ空焼きして、フィリングを入れてもう一度焼き、最後に蜂蜜を流し入れます。そして、胡桃がうえにちらほら。
周りのふち飾りは三つ編みなのですが、無器用な彼が作ると、ははは、なんか変っ! まぁご愛嬌ということで。ほんとシンプルでホームメイドだからこそのパイです。


サクッと一口、食べると…舌にまとわってくるような蜂蜜の甘み、アクセントの胡桃、単純だけどやっぱり定番の、ほっとするような穏やかな美味しさ。タルト生地もよく頑張って焼いてあります。よしよし。
年1回なので、なかなか上達しないと本人はぼやいています。たしかに、見かけはプッと吹き出しそうなくらいですが、味の軸はブレていません。なーんて、ちょっと甘過ぎかも、ね。
日頃からパイやケーキをよく食べているので、我が家はある意味、sweethomeではありますが…。

おっと、ぼやぼやしていられません。なんと、読売テレビ“ニューススクランブル”の取材が入って、クボタは「ビゴの店・本店」にたったいま出かけたところです(本日放送予定、一体どんな風になるのやら。よかったらご覧下さい)。私は、他の参加店めぐりと、淀屋橋にある大阪倶楽部の「パイの日協賛コンサート」の準備に。さぁ、これから急いで出かけなきゃ。
駅まで夙川沿いのなだらかな坂道を駆け降りながら、ビートルズの“ハニーパイ”、口ずさむのだろうなぁ、きっと。ホワイトアルバムならぬ黄ばんだアルバムジャケットを思い出しつつ
 ♪ honey pie you are making me crazy〜♪ 
私を狂わすのではなく、人生を狂わせたつれあい(彼も同じことを言います)ではありますが……とりあえず、いつもありがとう、多謝!



●『ハニーパイ』(手作り)
●「日本パイ協会」西宮市在住     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

手作り (1) 『ハニーパイ』 (ビートルズナンバーより) パイ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる